虫歯の予防から処置、歯並びまで、トータルな口腔管理なら川崎市宮前区の潮見台歯科医院へ
ブログ
  • HOME »
  • ドライマウス

ドライマウス

口が渇く、ドライマウス?

唾液は、たべる、味わう、飲む、話すといった人間の基本的な機能を営む上で、最も重要です。そのため、唾液腺の機能が落ちると、途端にQOL(生活の質)が落ちてきます。

また、唾液は傷を治す成長因子や抗菌物質を分泌しており、口のみならず全身の臓器を守る役目も担っています。

唾液が減る⇒”ドライマウス”=”口腔乾燥症”

ドライマウスとは、のどが渇いたり、口の中が乾燥したりする症状です。

何らかの原因で唾液が減ってしまうため、または過剰に蒸発するためにおこります。
原因として現在考えられているのは、

  1. 糖尿病、腎疾患などの基礎疾患
  2. いろいろな薬や治療による副作用
  3. 唾液腺の病気(腫瘍、炎症など)
  4. 精神的ストレス
  5. 加齢によるもの
  6. 中枢や末梢の神経障害
  7. 口呼吸、睡眠時無呼吸症
  8. 喫煙

気になる口臭

などが、あります。

ドライマウスの症状として、

  1. 口が乾く、のどが渇く、口の中がねばねばする。
  2. 会話がしにくくなる。
  3. パサパサしたものが食べにくい、飲み込みにくくなる。パンやビスケットなど乾いたものをたべると、口の中がぱさついて飲み込めない。
  4. 味がおかしい
    唾液が少なくなると味覚がにぶくなったり、味が変になったりします。
  5. のども渇く、ひりひりする。
    習慣的に口で呼吸をしている場合、のどにも異和感がでることがあります。
  6. 目と口が乾く
    シェ―グレン症候群に罹患すると、おもに涙腺と唾液腺が侵され、涙や唾液が減少します。
  7. 胃腸の調子が悪い
    唾液が少なくなり口の中が乾燥すると食べ物の消化が悪くなり、胃腸に負担がかかることになります。
    シェーグレン症候群などの自己免疫疾患でも胃腸の調子が悪くなることがあります。
  8. 夜、目が覚める
    夜間、口の中が乾いて目が覚めることがあります。
  9. 唇が乾く
    唾液が減少すると唇が乾燥します。かさかさにひび割れができることもあります。
  10. 皮膚が乾燥する
    シェーグレン症候群では口と目とともに皮膚の乾燥する症状が出ることもあります。
  11. 指先が冷たくなる
    指先が冷たく、白くなるレイノ―現象という症状があります。シェーグレン症候群でみられることがあります。

ドライマウスかな?っと思ったら

1、原因を調べましょう

原因を調べましょう病院基礎疾患の有無をしらべます。内科、眼科、耳鼻咽喉科、心療内科などと連携をとって基礎疾患の検査を行います。
基礎疾患が特定できたならば、この治療に入ります。

2、基礎疾患が無い場合は、症状に合わせた処置を考えていきます。

*いずれのケースも唾液が減少すことによる口腔内の変化が顕われてきます。

むし歯⇒多数歯にわたり広範なむし歯が急に出来始めます。

歯周病⇒歯周病菌が増殖しやすい環境となってしまい、プラーク、歯石の付着が広がり、一気に増悪します。

口臭もひどくなります。

歯ぐきが乾燥気味になってしまい、出血しやすくなります。

シェーグレン症候群とは、

自己免疫疾患の一種であり、涙腺の涙分泌障害、唾液腺の唾液の分泌などを障害します。
40~60歳の中年女性に好発し、男女比は1対14です。
シェーグレンとはスウエーデンの眼科医で1933年に発表された論文にちなんで、その名がつけられました。

原因としては、自己免疫応答が関わっていると考えられていますが、その直接的な原因はわかっていません。
遺伝的要素、環境要素、性ホルモンの影響なども関わっていると考えられています。

治療法としては、対症療法が中心です。(原因が解明されていないために)人工唾液、漢方、または、唾液の分泌を促進する薬を投与します。

ドライマウスのトップへ

ドライマウスの症状とその対処法~その1

ドライマウスの症状とその対処のしかた

1、シェーグレン症候群などの基礎疾患がある場合は?

医科での検査で基礎疾患が認められた場合は、それに対する治療が中心になります。
治療薬として、

サリグレン(日本化薬)、エボザック(第一三共製薬)サラジェン(キッセイ薬品)、フェルビテン(日本新薬)の適用が認められています。
他に、漢方薬として、麦門冬湯、白虎加人参湯も認められています。
*詳細は医科の担当医にご相談ください

2、基礎疾患の無い場合は?

1)とりあえず、口が渇くのですが?

口の中の保湿は、保湿剤、保湿装置、部屋の保湿で対処していきます。
保湿剤として、

洗口液:バイオティーンマウスウオシュ(ティーアンドケー)
バイオエクストラアルコールフリーマウスリンス(ウエルテック)

デントヘルスマウスローション(ライオン)

デントヘルスマウスローション(ライオン)

保湿ジェル:バイオティ―ンオーラルバランス(ティーアンドケー)
バイオエクストラアクアマウスジェル(ウエルテック)

オーラルアクアジェル(ジーシー)
オーラルアクアジェル(ジーシー)

保湿スプレー:バイオエクストラアクアマウススプレー(ウエルテック)
ウエットケア(キッセイ薬品) *当院のおすすめグッズ

保湿スプレーは、のどが渇いたと感じたときに、水を飲むかわりに口の中に数回スプレーして使用します。
外出中など、うがいができない時に便利です。

〈関連ページ〉

ウエルテック
テーアンドケー
キッセイ薬品

部屋の湿度を保ちます。
秋から冬にかけてはは乾燥しがちなので、加湿器などで湿度を保てるようにします。

部屋の湿度を保ちます

また、空調の効いたビル内もエアコンによって乾燥しています。
湿潤を保てるような工夫が必要です。
(この場合マスクをするだけでも効果があります。)

マスクをする

2)口の中が痛い、または、ひりひりするときは?

口の中が乾燥してくると、カンジタ菌が繁殖しやすくなります。
カンジタ症になると、こういった症状がよく出てきます。
まず、カンジタ症の鑑別診断を行い、抗真菌薬の投与をします。
また、抗生剤の副作用として、おこることもあります。
この場合は主治医と相談して、一時的に抗生剤の中止をして症状の緩和をはかることもあります。

3)のどと口が渇くのですが?

無意識のうちに口で呼吸している場合があります。
慢性の鼻炎や気管支炎、睡眠時無呼吸が疑われるときは、まず耳鼻科的な処置が必要です。

4)夜のどが乾いて目が覚めてしまいます?

就寝前に、水分をとりましょう。室内が乾燥していたら、加湿器などで加湿しましょう。

加湿器などで加湿

睡眠時無呼吸の症状がある場合は、耳鼻科の受診が必要です。
寝る前に、唇と歯ぐきの間の粘膜のところに保湿ジェルを塗っておくと効果がある場合もあります。

5)入れ歯(義歯)が入れにくい、またはこすれる?

唾液が減ると歯ぐきと義歯の間がこすれて痛みが出たり、傷ができたりします。
義歯の裏側に、保湿ジェルや保湿スプレーをつけてから義歯を装着してみてください。
それでも痛い場合は、歯科医院で義歯の調整が必要です。

入れ歯のお手入れ

6)味がおかしいのですが?

食物は口の中で咀嚼されながら、唾液に希釈されて味覚を感じるようになります。
唾液の分泌が減ると、味覚が変化してしまいます。

いつもよりも咬む回数を増やしてゆっくりと食事をする。または調理法を工夫したり、ぱさつく食品を減らすなどしてみましょう。

飲み込みずらいからといって、みそ汁やスープなどで流し込み食べをすると逆に胃腸に負担がかかってしまいます。
薬の副作用の場合は、主治医に相談しましょう。
亜鉛などが不足すると味覚異常が出ることがあります。
この場合は、不足分を投薬することで徐々に回復にむかいます。

7)口臭が気になります?

唾液が減ると、プラークや歯石の沈着が増えて口臭の原因となります。
この場合は歯科医院での処置を受けましょう。
プラークや歯石をとっても気になる場合は、マウスウオシュを時々口の中にスプレーしてみましょう。
口でなく鼻で呼吸することを意識してみてください。
タバコ、アルコール、刺激物、匂いのきつい食品を控えましょう。

口臭

8)年齢でしょうか?

加齢によって唾液腺自体の機能の低下は、認められています。
また、筋力の低下に伴ない咀嚼機能の低下からも起こるといわれています。
日常、ウオーキングをしたり、ガムを咬んだりなどのリズミカルな運動を取り入れて、機能の低下を少しでも少なくするよう心がけましょう。
また、頬を大きくふくらませて、閉じる。頬を上げたり下げたりする。
舌を前後左右に大きく動かす。
といった口の周りの運動を行うことも有効です。
笑う、会話をすると唾液の分泌が促されます。

日常生活で気をつけること

    • 薬にたよらない生活をしましょう。
    • 会話を活発に、笑って表情を豊かにを心がけましょう。
    • リズミカルな運動をして自律神経を活発にさせましょう。
    • 良く噛む習慣をつけましょう。
    • 口の中の保湿と、室内の保湿を保ちましょう。
    • 普段から、十分な水分の補給をしておきましょう。
    • ストレスをためないようにしましょう。
    • 禁煙刺激物を避けましょう。
    • 口の中を定期的に管理していきましょう。
      (歯科医院でのクリーニング、義歯の調整など)

ドライマウスのトップへ

カラダを守る唾液のメカニズム

唾液にはカラダを守るための重要な役割があります

1、自浄作用があります。

唾液の水分によって、口腔粘膜や歯面を洗い流して、食物残渣が残るのを防ぎ、口の中をきれいにします。

2、緩衝作用があります。

細菌の代謝産物によって口の中のが酸性に傾いた場合、これを中和するように調整する働きがあります。

中和

3、再石灰化作用があります。

歯を守り修復します。

再石灰化作用

4、抗菌作用があります。

ラクトフェリン、リゾチーム、分泌型免疫グロブリン(sIgA)などの成分が、微生物と戦ったり、細菌を包みこんだりすることによって抗菌作用を発揮します。

5、潤滑作用があります。

ムチンは対面する刺激物から粘膜の間を一定の距離に保つ作用があり、この潤滑皮膜を形成する作用によって粘膜を守っています。

6、消化作用があります。

アミラーゼ、リパーゼなどに食べ物を消化する作用があります。

7、味覚をたすけます。

8、発音を助けます。

潤滑作用によって発音をスムーズにします。

発音を助けます

9、傷を治す作用があります。

上皮成長因子、神経成長因子などが傷を治す作用をもっています。

関連ページ 唾液の力~追加コラム~

ドライマウスのトップへ

唾液のチカラ~その1

だ液の働きは主に8つに分類することができます

「食事をより美味しく、楽しくする」

(1)味覚の知覚を助ける
(2)飲み込みやすくする
(3)消化を助ける

「お口の中の健康を守る」

(4)口の中を清潔にす
(5)むし歯を防ぐ

「全身の健康を守る」

(6)身体の中への細菌の侵入を防ぐ
(7)がんの原因となる活性酸素を減少させる
(8)老化を抑える

「食事をより美味しく、楽しくする」

(1)味覚の知覚を助けるから説明します。

1日の生活の中で最も多く唾液が分泌されるのは?それは、食事時です。

食事

食事の役割はもちろん、食べ物から栄養を摂ることですが、見た目や味、食感など、五感を通じて様々な食材や料理を楽しむことも食事の重要な要素です。
食べ物の味を感じるのは舌にある“味蕾(みらい)”という組織で、その中の味細胞が味物質を受けることで“甘い”とか“苦い”などの味覚情報が脳へ伝達されます。

その際、食べ物の味はまず、唾液の中に溶け出して、それを味蕾が感知することによって初めて味の情報が脳へ伝わっていきます。
つまり、なんらかの原因でだ液の分泌が少なくなってしまうと、物を食べているのに味がよくわからない、文字通り“味気ない食事”となってしまうということです。

「食事をより美味しく、楽しくする」唾液のパワーのうち、

(2)飲み込みやすくすること
(3)消化を助けるについて、ご紹介します。

1日の生活の中で最も多く唾液が分泌されるのは食事の時です。そして、食べ物は口の中で十分に噛むことで細かくなります。
この時、細かくなった食べ物は唾液と混ざります。
すると、唾液に含まれるムチンという物質の働きによって食べ物が柔らかくなると同時に、唾液が食べ物を包み込むので飲み込みやすくなります。
つまり唾液は、食べ物を飲み込む時の潤滑剤の役割も担っています。

そしてもう一つ、唾液には唾液アミラーゼ(プチアリン)という酵素も含まれていて、この物質は食べ物中のデンプンを分解して麦芽糖(別名マルトースとも言う糖のひとつで、水飴の主成分でもあるんです。)に変質させるチカラがあります。

これによって、食べ物が胃の中で吸収されやすくなる、つまり唾液には、食べ物の消化を助ける働きもあります。
唾液は、私たちにとって欠かせない栄養源である食べ物を、口に運びやすくするだけじゃなくて、身体に摂り込みやすくもしてくれているすごいチカラがあるということです!

魚料理

関連ページ 唾液の力~追加コラム~

ドライマウスのトップへ

唾液のチカラ~その2

唾液の作用のうち
食べ物を飲み込みやすくすること、そして、その消化を助けること、について

1日の生活の中で最も多く唾液が分泌されるのは食事の時です。
そして、食べ物は口の中で十分に噛むことで細かくなります。
この時、細かくなった食べ物は唾液と混ざります。

すると、だ液に含まれるムチンという物質の働きによって食べ物が柔らかくなると同時に、だ液が食べ物を包み込むので飲み込みやすくなります。
つまりだ液は、食べ物を飲み込む時の潤滑剤の役割も担っています。

そしてもう一つ、だ液にはだ液アミラーゼ(プチアリン)という酵素も含まれていて、この物質は食べ物中のデンプンを分解して麦芽糖(別名マルトースとも言う糖のひとつで、水飴の主成分)に変質させるチカラがあります。

これによって、食べ物が胃の中で吸収されやすくなります。
つまりだ液には、食べ物の消化を助ける働きもあります。
だ液は、私たちにとって欠かせない栄養源である食べ物を、口に運びやすくするだけではなくて、身体への摂り込みも促進するようなすごいチカラがあります。

唾液のチカラ~その3

唾液の力 ~追加コラム

ドライマウスのトップへ

唾液のチカラ~その3

口の中を清潔に保つ役割

「お口の中の健康を守る」だ液のパワーの一つとして、口の中を清潔に保つ役割があります。

口は直接外の世界とつながっています。
つまり、口の中からは多くのものが体内へと入っていきます。
常に細菌や乾燥などにさらされる口の中は、いわば外界の敵と戦う最前線基地のようなものです。
だ液は食べカスを洗い流して口の中を清潔にするだけでなく、この外界からの敵から口の中の粘膜や歯を常に守るために、いつも臨戦態勢で口の中を潤わしています。

私たち人間は実は、多くの細菌たちといわば共生しています。
口の中も例外ではなく、多種にわたる常在細菌が存在しています。
だ液1ml中には約7~8億個もの細菌がいるともいわれており、これらの細菌は人が生まれてからすぐに繁殖し始め、お互いにバランスをとって共生しています。
そしていざ外界から他の細菌が侵入した際にはバリアとして機能しています。
しかし、なんらかの原因でお口の中の環境が悪化していったんバランスを崩すと有害な細菌が増殖し、むし歯歯周病、時には全身に関わる病気の原因になってしまいます。
常にお口の清浄を心がけることが大切です。
また、だ液にはムチンという粘性たんぱく質が含まれていて、口の中の粘膜全体を覆う働きがあります。
このムチンには乾燥を抑える保湿効果があるとともに、食物など外部からの刺激からお口の中の粘膜が傷つかないよう
保護する作用もあります。

関連ページ 唾液の力~追加コラム

ドライマウスのトップへ

唾液のチカラ~その4

むし歯を防ぐはたらきについて

口は、私たちの命の源である水や食べ物を摂り入れる器官であり、その中でも歯は人の健康の基礎となる重要な器官です。
そしてこの歯を守るために、だ液には他に様々な働きで全身の健康維持に役立っています。

「歯の再石灰化」

歯の表面は、鉄や金よりも硬い水晶と同じくらいの硬さをもつエナメル質という物質で覆われています。実はこの硬いエナメル質も“酸”には弱く、“酸”が強い環境下では容易に溶けてしまいます。

むし歯の原因菌であるミュータンス菌などの細菌は、歯についた食べカスに含まれる糖を分解し、“酸”に変化させます。このまま放置すると“酸”がエナメル質を溶かしてむし歯へ進行していきますが、だ液にはカルシウムやリンなどのミネラルが多く含まれていて、これが常に歯を修復しています。この働きのことを「再石灰化」といい、これによりむし歯の進行を防いでいます。

「pHの維持」

再石灰化と同様に歯を守る大事な機能がpH緩衝機能です。通常、口の中は酸性でもアルカリ性でもなく中性を保っていますが、食後などは非常に強い酸性の状態になる場合があるので、そのままでは歯が簡単に溶けてしまいます。

そこで、だ液中の成分(重炭酸塩リン酸塩など)が働いて、酸性に傾いたお口の中を食後30~40分で食前の状態に戻しむし歯になるのを防いでくれます。

関連ページ

唾液の力~追加コラム

唾液のチカラ~その5

ドライマウスのトップへ

唾液のチカラ~その5

唾液には身体の中への細菌の侵入を防ぐはたらきがあります。
私たちの口の中にはむし歯の原因菌だけでなく、外界から様々な病原菌が絶えず侵入してきます。
だ液には侵入してきた細菌を殺したり、抵抗する働きがあります

例えばだ液中に含まれる「ラクトフェリン」や「免疫グロブリン(lgA)」などに代表される成分は、細菌の毒性物質を攻撃し、毒性物質の無力化を図るなど細菌の増殖を抑制する働きがあります。

また、だ液中の「ムチン」は食べ物の中の細菌を凝集させ口の中から排出させる作用を持っています。
ちなみにこの「ムチン」を含む食品は、納豆、オクラ、モロヘイヤ、ツルムラサキ、さといも、なめこなどです。

納豆

関連ページ 唾液の力~追加コラム

ドライマウスのトップへ

唾液のチカラ~その6

唾液には、がんの原因となる活性酸素を減少させるはたらきがあります。

普段、口にしている食物の中には発がん性物質を含むものが多くあります。
だ液には、そうした発がん性物質が発生させる活性酸素を減少させる機能も証明されています。

ペルオキシダーゼカタラーゼ、アスコルビン酸(ビタミンC)といった成分がその代表的な例です。
活性酸素は、酸化力の強い酵素で細胞のDNAに損傷を与え、突然変異や発がんのきっかけをつくる物質です。
さらに、よく噛むことでだ液の分泌が増えるとともに消化機能も促進され、顎からの刺激で脳も活性化されて、脳細胞の動きが活発になり、運動・生理機能が向上します。
結果として認知症になりにくくなるといわれています。

ちなみに、柔らかく食べやすいものよりも、ある程度噛みごたえのある食品の方が咀嚼する回数が増え、その分たくさんのだ液が分泌されます。

また、だ液が分泌されやすい食べ物としては、梅干しレモンなどの酸味のあるものや、長い時間噛んでいられるガム、納豆(納豆の糸状になる成分であるポリグルタミン酸には高い保湿効果があり、まただ液分泌を持続的に促進する効果があります)などがあります。

レモン

唾液のチカラ~追加コラム

ドライマウスのトップへ

唾液の力~追加コラム

たくさん唾液を出すには

私たちの健康にとって重要な唾液をたくさん出すには、とにかくよく噛んで食べることが大切です。

昔に比べ、最近の日本人はあまり噛まなくなった、硬い物を食べなくなったと言われていますが、よくかんで食べることは

  • 食べ物の消化がしやすくなる、
  • 肥満予防になる、
  • 脳細胞を刺激する

といった様々な効能があるのでゆっくりよく噛んで楽しみながら食事をするよう心がけましょう!

ドライマウスのトップへ

口腔粘膜マッサージのすすめ

口腔粘膜をマッサージすると口の中の潤いが改善されます。

口の中の粘膜をマッサージすると、唾液の分泌量が増加することが実証されました。
口腔粘膜をマッサージすることで、口腔内の唾液腺が刺激されて、唾液の分泌が促進されます。
この刺激によって唾液の分泌量が数倍~10倍以上に増えます。

唾液の分泌量の低下を伴う口腔機能の低下は、加齢とともに増加していきます。
自覚症状として、
「口が渇く、粘つく」、「食事がおいしくない」、「食事中にむせる、頬や舌を噛む」、「食事が飲み込みにくい」など、が起こってきます、

でも、「年だから仕方ない」とあきらめていたり、誤った認識からそのままにしている方も多く、これらの症状から食欲低下や意欲低下、延いては生活の不活発へと結びついてしまっているのが現状です。

⇒口腔粘膜マッサージによる口腔機能改善効果

そこで、口腔粘膜ケア用ブラシ『エラック510』を使って、口腔内全体の清掃とマッサージを行うと、お口の中の清潔感の回復とともに唾液の分泌が促進される効果が期待できる事が実証されました。
実際にこれを継続的に行っている方からは、「気持ちがいい」、「むせが少なくなった」、「食事がおいしくなった」などの良好な変化がありました。
ライオン『エラック510』

口腔粘膜マッサージの方法

口腔粘膜をケアするブラシで、ヘッド部は効率的に清掃ができるよう大きめで、軟組織にやさしい軟らかめの植毛となっています。
ハンドルは高齢者でも持ちやすいよう太めになっています。
義歯をはずしたあとの口腔粘膜の清掃などにおすすめします。

ライオン『エラック510』

エラック510ES(エクストラソフト)

詳しくはこちらをクリック

ドライマウスのトップへ

こんな方には、口腔粘膜ケアをおすすめします。

シニアの食事風景

1)口腔内が乾燥しがちな方

口が乾く、粘つくなど口腔乾燥感を自覚している人は、成人の約1/3、高齢者の半数以上といわれています。
口腔粘膜マッサージは、そんな方の口腔内の潤いと快適な毎日をサポートします。

2)舌苔や口臭が気になる方

舌苔口臭の原因になるだけでなく、味覚低下につながる場合もあります。

3)義歯をお使いの方

義歯で覆われている粘膜では唾液の自浄作用が働きにくく、義歯性口内炎等の粘膜トラブルが起こりやすくなります。
義歯の快適な使用には、口腔内の潤いは欠かせません。

4)口腔機能が低下した方

食事のときむせたり頬や舌を噛むことが増えた、硬い物を食べなくなった、口元が緩んできたなど、口腔機能の低下が気になってきた方には、適度な刺激で口腔機能に働きかける口腔粘膜ケアをおすすめします。

ドライマウスのトップへ

口腔粘膜マッサージによる口腔機能改善効果

おいしく食べる

口腔乾燥は単なる違和感だけでなく、口腔機能(咀嚼、嚥下、会話)へも影響を及ぼし、口腔乾燥感と嚥下困難の自覚症状には有意な相関関係があることが報告されています。

1)味覚~おいしく食べる~

口腔粘膜マッサージの実施後は明らかに味覚が鋭敏化しました。
唾液の分泌量が増えたのと、舌の表面がきれいになったことで味覚機能が改善されたと考えられています。

2)嚥下反射と咳機能~安全に食べる~

嚥下がスムーズになります。
これは、口腔粘膜マッサージにより、口腔内が潤ったことで、舌や粘膜の動きが滑らかになり、嚥下機能の向上につながりました。
また、同様な理由から咳テストでも明らかな改善が認められました。
これによって、日常的な誤嚥のリスクを軽減できると期待されています。

3)発音、発語~話す~

「パ」「タ」「カ」の発音がスムーズにはっきりと発語できるようになりました。

ドライマウスのトップへ

口腔粘膜マッサージの方法

*最初は必ず、歯科医師、歯科衛生士の指導のもとに行ってください。

  1. 1日1回以上5分程度を目安にしましょう。
  2. エラック510ES(エクストラソフト)を軽く水で湿らせて行いましょう。
  3. 頬粘膜、口腔前庭、口蓋、顎堤、付着歯肉、舌を各箇所に付き10回程度まんべんなくマッサージしていきます。

エラック510ES(エクストラソフト)

注意点:後方から前方、左右、上下に大きくゆっくりやさしくブラシを動かしましょう。多くやりすぎたり、強く擦らないように注意しましょう。

ドライマウスのトップへ

PAGETOP