虫歯の予防から処置、歯並びまで、トータルな口腔管理なら川崎市宮前区の潮見台歯科医院へ
ブログ
  • HOME »
  • 審美歯科

審美歯科

審美歯科

■ ホワイトニング

カスタムメイドのマウスピースを作製して、ご家庭で行っていただくホームホワイトニングを行っています。

ホワイトニングのすすめ

ホワイトニングには歯周病やむし歯の予防効果があります。

ホームホワイトニングの費用 ⇐ 初期費用¥27000

おすすめのホームホワイトニング剤

ホームホワイトニングの手順

ホームホワイトニングにはこんなメリットがあります。 

■ オールセラミッククラウン

金属を全く使用しないセラミックの冠での修復を行っています。金属を使用していないため、色調を天然歯に非常に近似させることができます。また、金属アレルギーの方にも使用することができます。

■ ラミネートベニア

歯の表面だけを削って、そこに薄い付け爪のようなセラミックの修復物を接着させます。少ない歯の削除量で変色歯の色調の回復や、形態を審美的に治すことが可能です。

ホ―ムホワイトニングのすすめ

口元に対する意識の違い

日本人に比べて歯に対する意識の高いアメリカでは、子どもの頃からの歯列矯正はあたりまえです。
歯並びが悪いと親が子どもに関心がないか、歯並びも治せないくらいお金に困っているとみられてしまいます。

また、ビジネスマンで歯の色が黄色いと、喫煙者が健康に疎く自己管理が出来ていないというレッテルを貼られてしまいます。
アメリカ人の社会では、歯並びがきれいで、歯が白いことは一種のステータスになっているのが現実です。

ホームホワイトニングは特別なことではなくなってきています。

ホワイトニングが美容室感覚で行われているアメリカでは、90%以上の人が ホームホワイトニングを行っています。
一般的に歯科医の間でも、オフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングの方が安全性が高く、その効果も優れていると考えられています。
オフィスホワイトニングに比べ、ホームホワイトニングは家庭で好きな時間を使い じっくりとホワイトニングを行っていくことができます。

通院時間も場所も選ばずに、ホワイトニングができます。

ホームホワイトニングは歯を白くするケースのファーストチョイスとしてとらえられて来ています。

世界的に歯科治療の流れは、MI(ミニマルインターベンション:最小限の侵襲)となってきています。

歯を削ってセラミックを張り付ける治療法に対して、  歯を全く削ることなく白くすることができる治療です。
また、セラミック修復に比べてずっと安価で審美的な変化が期待できます。

予防につながる処置といえます。

ホワイトニングを行うためには、事前にクリーニングや歯石除去が必要になるため、歯周病やむし歯の予防につながります。

また、ホワイトニングには、色戻りが起こるために定期的なチェックとタッチアップホワイトニング(定期的な追加のホワイトニング、通常6カ月毎)が必要です。

『ホワイトニングは歯を傷める』のウソ

ホワイトニングは「歯を溶かして白くしている」、「酸を使っているから白くなる」、「歯がボロボロになってくる」、「むし歯になり易くなる」といったあまり根拠のない情報が氾濫していました。 ちっ(怒った顔)
実際に、インターネットの個人輸入で手に入るホワイトニング剤には、あやしいものがないとは言えません。
日本の薬事法で認められた歯科のメーカーのものは、この範疇ではありません。

むしろ、ホワイトニング剤の二次的な効果で、むし歯や歯周病の予防効果が証明されてきています。

審美歯科のTOPへ

ホワイトニングには、歯周病やむし歯の予防効果があります。    

ホワイトニングをすることで、歯周病やむし歯の予防効果があることが明らかにされました。

歯周病予防に効果があります。

ホームホワイトニング剤である過酸化尿素は、分解すると酸素を発生するため、アメリカでは、1960年代から歯周病の原因菌である嫌気性菌を殺菌する目的で、歯周疾患の治療薬として使用されていました。

むし歯予防効果も明らかです。

ホワイトニング剤が浸透すると、エナメル質表層が一時的に脱灰を起こします。

その後、通常の口腔内の環境下で唾液に触れると、脱灰を起こしたエナメル質表層に速やかに再石灰化が起こり、ホワイトニング前よりも耐酸性が高まり、むし歯の予防効果があることがわかってきました。

そして、ホワイトニングを行うと口腔への関心が高くなります。

歯を白くすることで、これを維持していこうとするために口の中に興味を持ち、口腔ケアを丹念に行うようになります。

定期的にメインテナンスの来院をするようになり、早めのチェックとクリーニングを受けるようになります。

審美歯科のTOPへ

ホームホワイトニングの費用

保険適用外・・・自由診療扱いとなります。

初期費用

上下顎で ¥27000 (税込)

上顎、下顎どちらかの場合 ¥21600 (税込)

*この料金には上下のマウスピースとホワイトニング薬剤が含まれています。

追加ジェル   ¥2160/1本 (税込)
マウスピース再製作 ¥5400/1顎 (税込)

ホームホワイトニングキット

おすすめのホームホワイトニング剤
GC社  ティオンホームホワイトニング

 

おすすめのホームホワイトニング剤

当歯科医院で使用しているホームホワイトニング剤

ホームホワイトニング剤

ティオンホワイトニング  GC社

自然で透明感のある白さが得られるホームホワイトニング剤。

ジェルの性状、トレーの素材を工夫した患者さんにやさしいホームホワイトニング剤です。

比較的低濃度の過酸化尿素10%を含有
ムラなく広がり、垂れにくい適度な流動性
患者さんが過不足を確認しやすい白色ジェル
高い再現性と柔軟性・耐久性を有するトレーシート

GC社関連ページ⇒

審美歯科のTOPへ

ホームホワイトニングの手順

事前処置

むし歯知覚過敏があると、ホワイトニング剤がしみて痛みが出ます。
必ずむし歯知覚過敏の処置は済ませておきます。

歯の着色歯石プラークが付着しているとホワイトニング剤がうまく浸透していかないので、ホワイトニングを行うまでに必ず歯のクリーニングをしておきましょう。

白い歯

1回目
歯の色調などのチェックや歯のクリーニングを行った後、マウスピースの型どりを行います。

2回目
完成したマウスピースの装着の練習などを行い使用説明をいたします。
再度、専用のジェルで歯のクリーニングをいたします。
家庭でのホームホワイトニングの開始です

2週間後
自宅でホームホワイトニングを行ったあと、来院して効果の確認をいたします。

6ヶ月後
定期健診
後戻りの確認、歯の着色のチェック、クリーニングをおこないます。

タッチアップホワイトニングをおこないます。

タッチアップホワイトニングとは

ホワイトニングを行った歯は約2年程度でほぼもとの色に戻ってしまいます。こうなった場合には初めに行ったのと同じ時間と費用がかかってしまいます。
そこで、6カ月経過したときに3~4日の短期間だけホワイトニングを行うことで白さを維持していくことができます。

マウスピースは前の物が使えます。ジェルの追加だけなら費用もあまりかかりません。

追加ジェル代     ¥2500/1本 (税込)
マウスピース再製作料 ¥5250/1顎 (税込)

以降6か月毎にタッチアップホワイトニングをおこないます。

色の戻りが早いと感じたなら3カ月毎のタッチアップホワイトニングを短期間行います。

審美歯科のTOPへ

ホームホワイトニングにはこんなメリットがあります。

ホームホワイトニングのメリット

1、『ホワイトニングに通いたい!』でも『時間がなかなか取れない!』という人におすすめなのがホームホワイトニングです。

最大のメリットは、クリニックへの通院回数が少なくてすみ、マウスピースとジェルがあれば場所を選ばないことです。

2、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりもホワイトニング効果が高く、持続期間も長くなります。

自分で行うホームホワイトニングだとなんとなく効果が薄い気がしますが?

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりもホワイトニングに時間がかかりますが、 濃度の低い薬剤を使ってじっくりと浸透させていくので、実はオフィスホワイトニングよりホワイトニング効果が優れています。

白くなりにくい歯でも長期間のホワイトニングで改善がみられます。後戻りまでの期間も長く、白さの持続性も高いといわれています。

3、ホームホワイトニングのほうが安い費用でホワイトニングができます。

保険適用外となりますが、高価な器械を使用しない分だけオフィスホワイトニングよりも安価な費用で、ホワイトニングを行うことができます。

費用の安さもホームホワイトニングのメリットといえます。

関連ページ⇒ ホームホワイトニングの費用

4、場合によっては、寝ている間のマウスピースの装着でホワイトニングが可能です。

ティオンホームは低流動性のジェルのために、マウスピースから流れ出ることがないために、就寝時のホワイトニングも可能です。
(味は薄いミント味)

5、むし歯や歯周病の予防効果があります。

関連ページ⇒ホワイトニングにはむし歯や歯周病の予防効果があります。

審美歯科のTOPへ

PAGETOP