口腔粘膜マッサージの方法

口腔粘膜マッサージの方法

 *最初は必ず、歯科医師、歯科衛生士の指導のもとに行ってください。

  @1日1回以上5分程度を目安にしましょう。

  Aエラック510ES(エクストラソフト)を軽く水で湿らせて行いましょう。


      n00006-1[1].jpg


  B頬粘膜、口腔前庭、口蓋、顎堤、付着歯肉、舌を各箇所に付き
   10回程度まんべんなくマッサージしていきます。

   注意点〉各箇所の伸張やリラクゼーションを意識しながら、
         後方から前方、左右、上下に大きくゆっくりやさしく
         ブラシを動かしましょう。

       多くやりすぎたり、強く擦らないように注意しましょう。

虫歯の予防から処置、メインテナンスまで、トータルな口腔管理なら川崎市宮前区の潮見台歯科医院